最近見つけた面白い腕時計

私は腕時計にはあまりこだわりがない方です。

時計なのだから、時間が分かりやすければ良い、というのが第一です。

実際今使っている腕時計は仕事用だけで、仕事以外では腕時計は付けません。

ちなみに、その使っている腕時計も数千円もしない程度の物です。

それが先日、ちょっと買いたいと思ってしまう腕時計を発見しました!

それは「フランク三浦」というブランドの物。

名前から分かる通り、かのフランクミュラーをもじった商品で

見た目は確かに似ていますが、値段や機能は全く追いついていないのです。

フランクミュラーは数百万円しますが、フランク三浦は数千円。

しかも完全非防水という機能?が付いています。

心底フランクミュラーをもじったこの腕時計も良いですが

私が気になったのは、ご当地三浦という商品です。

47都道府県の魅力が腕時計にちりばめられていて

大阪なら「笑いの聖地モデル」と題して、通天閣やタコ焼きが描かれ

中央に「ナンボやと思う?」という大阪人の口グセ?がローマ字で書かれていて…

他の県もとても個性的で面白いんです。

全都道府県見ていても飽きない時計ですよ、これ。

自分の出身県のものも欲しいですが

ジョークの通じる友人へのささやかな贈り物として最適だな、と思いました!

半信半疑で買った腕時計が楽しい人生をもたらしそうな予感がする

眼鏡店に就職して初めてのボーナスを受け取ったとき、店長から使い道を聞かれました。とっさに最新モデルの眼鏡を購入する予定であると心にもないことを言い放ちましたが、私の判断は間違っていたようで叱られてしまいます。正しくは良い腕時計を購入するという答だったようで、明確な根拠は伝えられませんでした。販売員なら安物を好んでいてはいけない点を強調されたので、私に社会人としての自覚が足りなかったのだと思い反省したことをよく覚えています。

店長に言われた通り、私はボーナスの8割ほどを財布に入れて腕時計の専門店に立ち寄りました。予算を告げると、思いのほか高級そうな品が目の前に出されて驚きを隠せなくなります。改めて私の予算を伝えて認識の齟齬がないか確かめましたが、どれも手持ちのお金で購入できるものばかりでした。

約10万円の品を購入した私は、その翌日から仕事中に着用する決意を固めます。私に助言した店長に報告すると、満足してもらえたみたいでホッとしました。その日から爆発的に販売成績が良くなったなどということはありません。しかしながら、高価なものを身に付けていることが自信になって堂々と接客できるようになった気がします。

大切な情報源の到着を知らせてくれる腕時計が重宝している

もはや現代人に欠かせないツールとなっているスマホは、カバンなどに入れたまま外を歩いていると電話やメールなどの通知がわかりにくくなります。私自身に限った話だと、大切な取引先からの連絡に半日以上も気づかないで商談の話が流れたことがありました。当時の気持ちは今でも鮮明に思い出すことができるのですが、ただ悔やむだけではなく私にとって有り難い機能を備えた腕時計を購入する契機になりました。スマホとワイヤレスで連携することによって、着信があったりメールが届いたどきには振動で知らせてくれる一品です。

もともとは雑誌で見かけた商品なのですが、購入する予定はありませんでした。ところが、同僚が使っていることがわかり使用感を聞いてみると好評だったので買うことを決めました。スマホとの連携が無事に完了したので、電話やメールを待っていたときのことです。偶然にも取引先からの連絡がきたようで、腕時計が強く振動を始めたのですぐに通話を始められました。後日にはメールの受信時にも振動することを確認できましたから、正常に動作することに感心して使い続けることを決めました。水に弱いことが難点ですが、それ以外は非常に役に立っています。 http://lk-shop.net/

身につけるのであれば気づいて欲しい

私は仕事でもプライベートでも時計を常日頃から身につけています。仕事はスーツですのでシンプルな腕時計をしています。今はポリスの時計をしています。しかし、3年つけておりやはり傷が目立つようになってきているのでそろそろ変えようと思っていますが次は茶色のベルトのまん丸の時計にしようかなと思っています。つけている人がいるのですがおしゃれで知的に見えたからです。欠点は汗をかくと革のベルトが変色してしまうので対策を考えています。

プライベートはニクソンの少し大きめの腕時計を身につけています。色はゴールドとブルーです。写真がないので伝わりにくいですが目立つ時計を買いました。

腕時計は財布と同じ様に常日頃持っており私はできれば見た人には何かコメントしてもらえると嬉しいです。安くはないですしそれなりにみなさん考えて購入していると思いますのでみなさんもそうだと思います。私はお金はそんなにないのでブランド物や10万円を超える時計は購入できませんが3,4年に1度気分転換と自分へのご褒美として購入しています。だからこそ、気づいてもらえると嬉しいです。腕時計は目立ちすぎも良くないと思いますし気づいてもらえないと寂しい気がします。長袖を着ていると隠れて半分ぐらいしか見えませんがそこがいいと思います。

みなさんも友人で腕時計をしている人を見たら触れてみてください。

悩んで買ったお気に入りの腕時計

私が今使っている腕時計は、とあるブランドのものです。

正直に言うと、今でもアクセサリーを含め身体に何かがくっつく感触が苦手で、社会人として必要であったためつけていましたが隙あらば腕時計を外していました。そんな私でしたのであまり腕時計に対しての思い入れはなく、安価なものを使っていました。ところが、その腕時計を見たとたん一目惚れをしてしまったのです。

腕時計はこだわりがある人からすると、すごく高価な装飾品で数十万単位のものを買って身につけられている方もたくさんいらっしゃいます。私が一目惚れしたのは、元々好きなブランドのもので、価格は数万ほどでした。私にしては高価なもので、さらに今まで価値をおいていなかった腕時計ですので、一目惚れをしたとはいえ衝動買いをするには勇気がいる価格でした。

そこで、お店から帰って考えることにしました。その期間、なんと2年。何度もお店に足を運んでどの色がいいか考えたり、かって本当に使うのか悩んだりを繰り返したのです。思い切って買ったのは、仕事で頑張った自分の思い出としてです。

最後に10分ほどお店で悩んで、「これください!」といってからもどきどきしました。そのままその場でつけさせてもらって、家に帰りました。

それから5年。1度電池を替えて毎日ずっと使っています。時々眺めたりもしているくらいお気に入りなのは変わりません。あう人にほめられたりもして、そのたびに仕事を頑張っていた頃と、時計を買おうと決意した時の気持ちを思い出して嬉しくなります。きっと私は、ずっとずっとこの腕時計を使い続けると思います。
http://icw-shop.net/

腕時計には常に文字盤をぶつけ破損させるリスクが

大事に扱っているつもりでも、ちょっとした隙を見せると思わぬ傷や破損を負ってしまいがちなのが腕時計。手首という最も活発に動く身体の部位に着用していますから、注意していないと周囲の硬い障害物にぶつけてしまい易いのです。

それも文字盤が大きく、それを覆うガラス面積も大きなアウトドア用の大型デジタル時計やクロノグラフに限って袖が被らないTシャツ姿を始めラフな服装における着用が多く、直にぶつけてしまうパターンが多いもの。

文字盤の割れたガラスの交換に関しては、メーカー正規サポートセンターに依頼するなり時計修理専門業者に依頼するなりすれば高い確率で完全に治してもらえるのですが、やはり工賃はそれなりに高く、それこそ数万円程度までのモデルであれば、むしろその時点で新品に買い替えてしまった方が長い目で見てお得というケースもあります。その為修理に掛かる料金体系は事前に厳しくチェックしておく必要はあるでしょう。

もちろん容易に買い替えが出来ない数十万円単位の高額ブランド腕時計であれば迷い無く交換修理に期待すべきところですが、仮に衝撃が文字盤ガラスから内部の機構部にまで及んでしまい、その部分からの根本的修理や交換が必要となった時は、諦めて買い替える事も想定しなければなりません。